【Press Release】スモークオイルが「THE WONDER 500」に認定されました。

date. 2016/10/06

レストランSOHOLMのスモークオイルが
日本のすぐれた地方産品「THE WONDER 500」に認定されました。

 

2015年に経済産業省によるクールジャパンプロジェクトの補助事業のひとつとしてスタートした「The Wonder 500(ザ・ワンダー・ファイブハンドレッド)」。

この度アクタス(東京都新宿区/代表取締役 休山昭)が運営する飲食事業・食品ブランド「SOHOLM(スーホルム)」の開発した商品”SMOKED OIL(スモークオイル)”が、2016年度の”日本が誇るべき優れた地方産品”に選ばれました。

IMG_9038_High

<SOHOLM SMOKED OIL(スーホルム スモークオイル)>

価格/1,500円(+tax)  内容量/150ml
取り扱い店舗/SLOW HOUSE(天王洲・二子玉川・銀座)のほか、
SLOW HOUSEをインショップ展開するアクタス、アクタスオンラインショップにて販売中

 

THE WONDER 500

”世界にまだ知られていない、日本が誇るべき優れた地方産品を発掘し、世界に伝えていく”地方創生クールジャパンプロジェクトとして、経済産業省の補助事業として2015年にスタート。
ブックディレクター/幅允孝氏、Shop DOディレクター/大熊健郎氏、くるみの木主宰/石村由起子氏、カフェカンパニー代表/楠本修二郎氏など日本を代表する27名のプロデューサーによる”目利き”と一般公募により、全国47都道府県から約500品を選定しています。選定に当たっては、「ものづくり」「食」の分野において、「つくり手の思いやこだわりが込められているもの」「日本固有のものづくり・サービスを支えている伝統的な価値観を組み合わせた革新性のあるもの」を評価し、海外に広く伝えていくプロジェクトです。

2回目を迎える本年は、「ものづくり」340品、「食」163品の計503商材が選定され、その中の食分野のひとつとして「SOHOLM SMOKED OIL」が選出されました。

>>THE WONDER 500公式ページ

unnamed

SOHOLM SMOKED OIL

2014年に株式会社アクタスが品川・天王洲のウォーターフロントにオープンさせた、ジビエ料理とワイン、季節のこだわり食材を提供するレストラン・SOHOLM。そこで提供する料理のアレンジのひと手間として使っていた自家製燻製オイルを、お客様からのご要望により一般家庭でもご利用いただけるようにと昨年発売したのものがSMOKED OIL(スモークオイル)です。
本来、燻製オイルは、その場でオイルに燻製煙による香り付けを行う為、香りを維持させることができません。そこで、分子レベルのサイズの燻製煙を用いて液体に高濃度の薫香をつける特許技術を持つ「かずさスモーク」の協力を得て、香りも味も長持ちするオイルとして発売することができました。
主原料として使用しているオイルは、日本人が古来より摂取してきた主食材である米(米ぬか)から取れる米油です。ビタミンEを多く含み、加熱による酸化が起こりにくいことや、一般的なサラダ油とは異なり「油の植物繊維」といわれる植物コレステロールや、抗酸化作用により細胞の健康促進を補助することと日本人の身体に合ったオイルとして注目されています。
SMOKED OILは、乳製品やハムはもちろんのこと、マヨネーズなどのディップの隠し味のひとつとして使うことで普段の食材が特別なおもてなしの料理に変化する新しい発送の調味料です。
スモークオイルを使ったレシピをアクタスオンラインにてご紹介しております。

>>actus online

<SOHOLM SMOKED OIL(スーホルム スモークオイル)>

価格/1,500円(+tax)  内容量/150ml
取り扱い店舗/SLOW HOUSE(天王洲・二子玉川・銀座)のほか、
SLOW HOUSEをインショップ展開するアクタス、アクタスオンラインショップにて販売中

 

詳細につきましては、プレスリリースに記載しております。
下記「PDFダウンロード」よりご覧ください。

本文、掲載写真の無断転載を禁じます。
本件に関する媒体掲載などのお問合せにつきましては、下記問合せフォームより必要事項をご入力の上送信願います。
株式会社アクタス 広報室
2016.10.6 release

PDF ダウンロード 問い合わせ